【2017年度】第一種電気工事士《筆記試験》問32

2017年度
スポンサーリンク

問題

③に示す高圧ケーブル内で地絡が発生した場合,確実に地絡事故を検出できるケーブルシールドの接地方法として,正しいものは。

〔注〕図において,問いに直接関係ない部分等は省略又は簡略化してある。

答え

『出典:平成29年度第一種電気工事士筆記試験(問32)』

スポンサーリンク

解説

正解は「二.」です。

この問題は高圧ケーブルに零相変流器(ZCT)を設置する時の、シールドの接地の方法に関するものです。

高圧ケーブルにおいて地絡事故が発生すると、地絡電流は遮そう層(シールド)を通って大地に流れます。よってケーブルシールドの接地方法を正しくしておかないと、正常に動作しません。

この解説については、長くなるので下記の記事を参照して下さい。

ZCTと高圧ケーブルのシールドアースの関係
どうもじんでんです。今回はZCTと高圧ケーブルのシールドアースの関係ついての記事です。これを理解していないと、地絡事故時に地絡継電器の不動作などに繋がります。高圧ケーブルのシールドとは?高圧ケーブルには「遮蔽層」と呼ばれるものがあります。こ
ボルベア
ボルベア

地絡時の電流の流れに注目!

コメント