【2019年度】第一種電気工事士《筆記試験》問32

2019年度
スポンサーリンク

問題

③に示すPF・S形の主遮断装置として,必要でないものは。

〔注〕

  1. 図において,問いに直接関係のない部分等は,省略又は簡略化してある。
  2. UGS: 地中線用地絡継電装置付き高圧交流負荷開閉器

答え

イ.相間,側面の絶縁バリア

ロ.トライカによる引外し装置

ハ.過電流ロック機能

ニ.高圧限流ヒューズ

『出典:2019年度第一種電気工事士筆記試験(問32)』

スポンサーリンク

解説

正解は「ハ.過電流ロック機能」です。

この問題は、LBS(高圧交流負荷開閉器)をPF・S形の主遮断装置として使用する場合の条件についてです。

PF・S形の主遮断装置として、LBS(高圧交流負荷開閉器)を使用する場合には次の条件があります。

  • 高圧限流ヒューズを組み合わせる。
  • 前面に透明な保護板を設け,赤字で危険表示をする。また,その相間及び側面に絶縁バリヤを設ける。保護板は,難燃性又はこれと同等以上の防火性能をもつものとする。 
  • 限流ヒューズ付高圧交流負荷開閉器は,ストライカによる引外し方式とする。

これらは、JISの「C 4620:2018キュービクル式高圧受電設備」にて定められています。

よって過電流ロック機能は必要ありません。過電流ロック機能はPASやUGSに必要とされます。

高圧交流負荷開閉器(LBS)については、こちらの記事をご覧ください。

高圧交流負荷開閉器(LBS)ってなに?
どうもじんでんです。今回は高圧受電設備において、よく見る開閉器の高圧交流負荷開閉器(LBS)について記事にしました。PF・S形の受電設備では、主遮断装置ともなる開閉器です。高圧交流負荷開閉器とは?高圧交流負荷開閉器は、「LBS」とも呼び「L
ボルベア
ボルベア

過電流ロック機能はPASやUGSに必要!

コメント