【令和4年度(午後)】第一種電気工事士《筆記試験》問18

2022年度
当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

問題

架空送電線路に使用されるアークホーンの記述として,正しいものは。

答え

イ.電線と同種の金属を電線に巻き付けて補強し,電線の振動による素線切れなどを防止する。

ロ.電線におもりとして取り付け,微風により生ずる電線の振動を吸収し,電線の損傷などを防止する。

ハ.がいしの両端に設け,がいしや電線を雷の異常電圧から保護する。

ニ.多導体に使用する間隔材で,強風による電線相互の接近・接触や負荷電流,事故電流による電磁吸引力から素線の損傷を防止する。

『出典:令和4年度第一種電気工事士筆記試験【午後】(問1)』

スポンサーリンク

解説

正解は「ハ.がいしの両端に設け,がいしや電線を雷の異常電圧から保護する。」です。

この問題のポイントは、アークホーンについてです。

アークホーンのは雷の異常電圧から保護する為に設置されます。

よって「ハ.がいしの両端に設け,がいしや電線を雷の異常電圧から保護する。」が正しい記述となります。

ボルベア
ボルベア

アークホーンは雷から保護するもの!

コメント