【令和2年度】第一種電気工事士《筆記試験》問40

2020年度
スポンサーリンク

問題

「電気工事士法」において,第一種電気工事士免状の交付を受けている者のみが従事できる電気工事の作業は。

答え

イ.最大電力400kWの需要設備の6.6kV変圧器に電線を接続する作業

ロ.出力300kWの発電所の配電盤を造営材に取り付ける作業

ハ.最大電力600kWの需要設備の6.6kV受電用ケーブルを電線管に収める作業

ニ.配電電圧6.6kVの配電用変電所内の電線相互を接続する作業

『出典:令和2年度第一種電気工事士筆記試験(問40)』

スポンサーリンク

解説

正解は「イ.最大電力400kWの需要設備の6.6kV変圧器に電線を接続する作業」です。

この問題は、第一種電気工事士の作業範囲に関するものです。ぱっと見どれも第一種電気工事士が必要と思える記述ばかりです。

ポイントは第一種電気工事士の作業範囲は「自家用電気工作物のうち最大電力500 キロワット未満の需要設備の電気工事」というところです。要約すると問題を解く上で、次の2つがポイントになります。

  • 自家用電気工作物かどうか
  • 最大電力は500キロワット未満かどうか

この問題の選択肢の中で、どちらにも当てはまるのは「イ」になります。他の記述がなぜ誤りかは、それぞれの解説をご覧ください。

ボルベア
ボルベア

自家用電気工作物で500kW未満が対象!

他の記述について

その他の記述について解説します。

出力300kWの発電所の配電盤を造営材に取り付ける作業

電気工事士法では発電所は、自家用電気工作物に該当しないので対象外です。

最大電力600kWの需要設備の6.6kV受電用ケーブルを電線管に収める作業

この記述は、最大電力が600kWなので対象外です。

この工事については、電気主任技術者が監督するので法的には無資格でも工事ができます。

配電電圧6.6kVの配電用変電所内の電線相互を接続する作業

この記述は、自家用電気工作物ではないので対象外です。

配電用変電所は「電気事業の用に供給する電気工作物」に該当します。

コメント