【2017年度】第一種電気工事士《筆記試験》問35

2017年度
スポンサーリンク

問題

人が触れるおそれがある場所に施設する機器具の金属製外箱等の接地工事について,電気設備の技術基準の解釈に適合するものは。

ただし,絶縁台は設けないものとする。

答え

イ.使用電圧200Vの電動機の金属製の台及び外箱には, B種接地工事を施す。

ロ.使用電圧6kVの変圧器の金属製の台及び外箱には, C種接地工事を施す。

ハ.使用電庄400Vの電動機の金属製の台及び外箱には, D種接地工事を施す。

ニ.使用電圧6kVの外箱のない乾式変圧器の鉄心には, A種接地工事を施す。

『出典:平成29年度第一種電気工事士筆記試験(問35)』

スポンサーリンク

解説

正解は「ニ.使用電圧6kVの外箱のない乾式変圧器の鉄心には, A種接地工事を施す。」です。

この問題は、接地工事についてです。

各記述を1つずつ考えていきましょう

ボルベア
ボルベア

接地工事の種類と適用場所を覚えておこう!

各記述について

イ.使用電圧200Vの電動機の金属製の台及び外箱には, B種接地工事を施す。

これは不適切な記述です。

使用電圧200Vの金属製の台及び外箱であれば、D種接地工事が必要です。

ロ.使用電圧6kVの変圧器の金属製の台及び外箱には, C種接地工事を施す。

これは不適切な記述です。

使用電圧6kVの金属製の台及び外箱であれば、A種接地工事が必要です。

ハ.使用電庄400Vの電動機の金属製の台及び外箱には, D種接地工事を施す。

これは不適切な記述です。

使用電庄400Vの金属製の台及び外箱であれば、C種接地工事が必要です。

ニ.使用電圧6kVの外箱のない乾式変圧器の鉄心には, A種接地工事を施す。

これは適切な記述です。

使用電庄6kVの金外箱のない乾式変圧器の鉄心であれば、A種接地工事が必要です。

コメント