【令和2年度】第一種電気工事士《筆記試験》問22

2020年度
スポンサーリンク

問題

写真に示すGR付PASを設置する場合の記述として,誤っているものは。

答え

イ.自家用側の引込みケーブルに短絡事故が発生したとき,自動遮断する。

ロ.電気事業用の配電線への波及事故の防止に効果がある。

ハ.自家用側の高圧電路に地絡事故が発生したとき, 自動遮断する。

ニ.電気事業者との保安上の責任分界点又はこれに近い箇所に設置する。

『出典:令和2年度第一種電気工事士筆記試験(問22)』

スポンサーリンク

解説

正解は「イ.自家用側の引込みケーブルに短絡事故が発生したとき,自動遮断する。」です。

これはPASの特徴についての問題です。しかし少し意地悪な問題かと思います。

知っている人であれば、GR付PASはSOGによって引込みケーブルの短絡事故からも保護する目的があるので、選択肢「イ」も正しく思えます。

ではなぜ誤りかというと、あくまでもPASは開閉器の一種で短絡電流は遮断できません。SOGでは電力会社の変電所にて短絡電流を遮断して、無電圧の状態でPASが開放します。

なのであくまでもPASは、短絡電流を遮断できないという事になります。

SOGについて詳しく知りたい人は、下記の記事を参照下さい。

SOGってなに?
どうもじんでんです。今回はSOGについて記事にしました。SOGは高圧受電設備には無くてはならない保護装置ですよね。SOGとは?SOGとは、高圧受電設備の責任分界点に設置されるPASにセットで付いている保護継電器です。SOGは「Storage
ボルベア
ボルベア

PASは短絡電流は遮断できない!

他の記述について

他の記述について、簡単に解説します。

電気事業用の配電線への波及事故の防止に効果がある。

波及事故とは、需要家の設備における事故が原因で、電力会社の配電線を停電させてしまう事です。

PASは電力会社との責任分界点に設置されるので、波及事故にならないように保護装置(SOG)が併せて設置されます。PAS自体が波及事故にならないようにする機器と言えます。

波及事故について詳しく知りたい人は、下記の記事を参照下さい。

【電気用語解説】波及事故
波及事故とは?波及事故とは需要家の構内の電気事故で、周囲一帯を停電させてしまう事を指す。主に高圧受電の需要家によるものを指すことが一般的である。通常は需要家の構内で電気事故が起きれば、様々な保護装置で保護される。この場合、構内の全部又は一部

自家用側の高圧電路に地絡事故が発生したとき, 自動遮断する。

GR付PASは地絡が発生すると、地絡継電器(GR)が検知して自動で遮断します。

これにより波及事故の防止をしています。

地絡継電器(GR)について詳しく知りたい人は、下記の記事を参照下さい。

地絡継電器(GR)ってなに?
どうもじんでんです。今回は地絡継電器について記事にしました。地絡継電器は、特に高圧受電設備において重要な保護装置になります。よって様々な要素があり、まとめて全てを説明する事が難しいです。今回の記事は、基本的な事を簡単にまとめてみました。地絡

電気事業者との保安上の責任分界点又はこれに近い箇所に設置する。

PASは電力会社との責任分界点としての役割もあります、責任分界点とは、その点から電力会社の物か、需要家の物かを分けるポイントの事です。

責任分界点について詳しく知りたい人は、下記の記事を参照下さい。

【電気用語解説】責任分界点
責任分界点とは?責任分界点とは、電力会社と需要家の責任範囲の線引きのポイントである。高圧受電の需要家であれば、主にPASの一次側接続点である。地中化されている場所などでは、この限りではない場合がある。低圧受電の需要家であれば、引込線の取付点

コメント