【令和2年度】第一種電気工事士《筆記試験》問13

2020年度
スポンサーリンク

問題

インバータ(逆変換装置)の記述として,正しいものは。

答え

イ.交流電力を直流電力に変換する装置

ロ.直流電力を交流電力に変換する装置

ハ.交流電力を異なる交流の電圧,電流に変換する装置

ニ.直流電力を異なる直流の電圧,電流に変換する装置

『出典:令和2年度第一種電気工事士筆記試験(問13)』

スポンサーリンク

解説

正解は「ロ.直流電力を交流電力に変換する装置」です。

インバータ(逆変換装置)は、近年増加している太陽光発電設備に欠かせない機器です。太陽光発電設備の増加による出題と思われます。

太陽光パネルは直流の電力を発生します。しかし配電設備は交流の為、変換しないと連系できません。

その為にインバータが設置されます。太陽光パネルで発電した直流電力をインバータにて交流電力に変換します。

ちなみにインバータは、逆の交流を直流には変換できません。

ボルベア
ボルベア

インバータは直流→交流に変換する装置で、太陽光発電設備に使われる!

その他の機器の特徴

他の選択肢についても簡単に解説しておきます。

イ.交流電力を直流電力に変換する装置

これはコンバータといい、順変換装置とも呼びます。

交流電力を直流電力に変換します。

ハ.交流電力を異なる交流の電圧,電流に変換する装置

これは解釈が微妙なとこで、広義では変圧器も含まれるます。

他にもインバーター制御なんかも、これに含まれるかと思います。インバーター制御は交流を直流に変換して再度、交流に変換します。これによって、交流電力を異なる交流電力に変換します。

二.直流電力を異なる直流の電圧,電流に変換する装置

これは直流チョッパやDCチョッパといいます。

直流電力を異なる直流電力に変換します。

コメント