【2019年度】第一種電気工事士《筆記試験》問47

2019年度
スポンサーリンク

問題

②で示す装置を使用する主な目的は。

〔注〕図において,間いに直接関係のない部分等は,省略又は簡略化してある。

答え

イ.計器用変圧器の内部短絡事故が主回路に波及することを防止する。

ロ.計器用変圧器を雷サージから保護する。

ハ.計器用変圧器の過負荷を防止する。

ニ.計器用変圧器の欠相を防止する。

『出典:2019年度第一種電気工事士筆記試験(問47)』

スポンサーリンク

解説

正解は「イ.計器用変圧器の内部短絡事故が主回路に波及することを防止する。」です。

この問題は、計器用変圧器(VT)についてです。

問題の②はヒューズを示しています。これは計器用変圧器(VT)の内部短絡などの事故から、主回路を守る為に設置されます。

計器用変圧器は変圧器なので、相間に設置されます。よって何らかの理由により短絡する恐れがあります。ヒューズを設置することにより、短絡時に主回路から切り離します。

ヒューズなので過負荷の防止と勘違いしやすいですが、計器用変圧器においては上記の理由により設置されます。

計器用変圧器(VT)についてはこちらの記事をご覧ください。

計器用変圧器(VT)ってなに?
計器用変圧器(VT)とは?どうもじんでんです。今回は計器用変圧器(VT)について記事にしようと思います。計器用変圧器はVTとも言い「Voltage Transformer」の略称です。昔はPT「Potential Transformer」と
ボルベア
ボルベア

VTのヒューズは短絡から主回路を守る為!

コメント